【世界遺産】「ベスト映像!世界遺産が多い国」

《カナダ》 【カナディアン・ロッキー山脈国立公園群】 氷河がつくり上げた雄大な山岳地帯。 カンブリア紀 バンフ国立公園 バンフ国立公園とテンピークスとモレーン湖 チャールズ・ウォルコット バージェス頁岩 《トルコ》 【ヒエラポリスとパムッカレ】 石灰棚の奇観と繁栄を築いていた古代都市 ペルガモン王国 マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【世界遺産】世界の国境を歩いてみたら 「国境の旅で出会った世界遺産特集」

《10位;フランス/スペイン》 【アントニ・ガウディの作品群/スペイン】 美しい曲線を描く天才建築家ガウディの作品群 カサ・ミラ サグラダ・ファミリア贖罪聖堂 エウセビオ・ギエル モデルニスモ カサ・バトリョ 《9位;ボリビア/アルゼンチン》 【ケブラーダ・デ・ウマウアカ/アルゼンチン】 先住民の歴史を紡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【世界遺産】水と緑!オアシス都市の秘密

《アルジェリア》 【世界遺産】ムザブの谷 厳粛なイスラムたちの「キュビスム」都市 ムザブ族 イバード派 キュビスム ル・コルビュジエ 《イラン》 【世界遺産】 ペルシア庭園 「エデンの園」を具現化した9つの庭園 アケメネス朝ペルシア キュロス2世 ゾロアスター教 チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトラスを超える 【モロッコ】

【ワルザザートからマラケシュのルート】 ワルザザートからマラケシュヘ向かう道。 車窓より、標識にも注意しよう。 車を停めて訪れたくなるような麓の小さな村々。 大きくわん曲した道に、バスはひどく揺れる。 ティシュカ峠 ワルザザートからマラケシュへ移動する際、壮大な風景は右側に多く展開する。 日干し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワルザザート 【モロッコ】

1928年に開かれたカスバ街道最大の町。 【タウリルトのカスバ】 ワルザザートの町はずれにある、マラケシュの司令官グラウィが暮らしていたカスバ。 【Cinema Museum】 【伝統工芸館】 【ムハマンド5世通り】 [Municipalité de Ouarzazate] [Place Al-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カスバ街道 【モロッコ】

エルラシディアからティネリールを経てワルザザートを結ぶ東西ルート。 街道沿いには城壁で囲まれたカスバが多く残る。 【カッターラの地下水道溝跡】 【ティネリール】 ワルザザートとエルラシディアの中間に位置する町。 【グラウイのカスバ】 【トドラ川沿いのオアシス】 茶褐色の断崖絶壁と谷底の平野に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルフード/メルズーガ 【モロッコ】

【エルフード】 ここから先は厳しい自然が待っている。 【エル・アティ】 設備の整ったエルフードのホテル。 【4WD砂漠ツアー】 エルフードを起点に、メルズ-ガ周辺のサハラ砂漠・シェビ大砂丘を見に行くツアー。 【らくだ乗り体験】 砂丘から見る朝日 広大な砂漠はラクダの目にどう映る。 ラクダの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イフレン 【モロッコ】

モワイアン・アトラス山脈の中腹、標高1650mの高地に位置する小さな町。 町の中心に鎮座するアトラスライオン像 木漏れ日がきらめく 切り妻屋根の家が並ぶ 保養地として建設され、国王をはじめ政府要人や富豪達の別荘地となった
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴォルビリス 【モロッコ】

モロッコ最大のローマ都市遺跡。ヴォリビリスは紀元前1世紀から建設が始まり、ローマ時代には帝国西限に位置する重要な都市だった。 南東の入口門 オルフェウスの館 農業遺跡(オリーブオイルの油絞り器) キャピトル神殿 イオニア式の円柱の飾 バシリカ(礼拝堂) 曲芸師の家 フォーラム …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メクネス 【モロッコ】

三重の城壁と砦に囲まれた町に、古い旧跡とムーレイ・イスマイル王時代の近代建築が混在。 市街地からメディナを望む 【メディナの丘】 《メディナ》 クミス門 エディム広場 グラン・モスク ジャメイ博物館 ブー・イナニア・マドラサ ベルダン門 クベット・エル・キャティン キリスト教徒の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェズ 【モロッコ】

モロッコ王朝最古の都市。世界最大の迷路と呼ばれるメディナ「フェズ・エリ・バリ」が有名。 【新市街を歩く】 《新市街》 ハッサン2世通り ムハンマド5世通り フローレンス広場 ムハンマド5世広場 レジスタンス広場 ムーレイ・ユーセフ通り 【新市街からメディナまで】 《フェズ・エル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティトゥアン 【モロッコ】

地中海に近いリフ山脈に位置する町。スペイン領だった時代もあり、雰囲気はスペインのアンダルシア地方に似る。 ティトゥアン前景 【新市街を歩く】 ムーレイ・メフディ広場 ムハンマド5世通り 5月10日通り 【ハッサン2世広場から西に新市街、東がメディナ】 ハッサン2世広場(ムハンマド5世通りの東端) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【世界遺産】テトゥアンの旧市街

テトゥアンはモロッコの地中海側、北部にある町です。さらに北に進むと40kmほどのところには、地中海と大西洋を分かつジブラルタル海峡があります。ベルベル語では「ティタウィン」と呼ばれていましたが、これは「目」を意味し、この地に湧く泉の比喩表現となっています。 古くからモロッコとイベリア半島をつなぐ拠点として栄えていましたが、14世紀末、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャウエン 【モロッコ】

海抜570mの山間にある小さな町。いたるところが青に染められ非日常感が漂う。イスラム教徒の避難所となり、20世紀まで異教徒は入れない秘境だった。 ムハンマド5世広場 ハッサン2世通り シディ・アリ・ベン・ラシッドのモスク 【メディナを歩く】 白い壁と茶色の屋根が印象的なメディナ 斜面に広がる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラバト 【モロッコ】

北大西洋岸に位置するモロッコの首都。王宮、国会、行政官庁などが集まる政治の中心地。 ラバト・アクダル駅 ラバト・ヴィル駅 ラバト・サレ駅 【新市街】 ムハンマド5世通り ラバトのメインストリート アラル・ベン・アブラダー通り ハッサン2世通り 【旧市街(メディナ)】 城壁の向こうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【世界遺産】ラバト:近代の首都と歴史都市の側面を併せ持つ都市 

近代的歴史都市ラバト ラバトとは北アフリカのモロッコにある首都の名前です。またラバトとは城壁都市を意味します。モロッコの産業として有名な絨毯製造の他、近代では、繊維、食品加工、建設などの産業が盛んな都市です。 歴史的な側面はシェラという紀元前3世紀のネクロポリスがブー・レグレグ川の両岸に残っています。ローマ帝国によりローマ人の定住植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more